798万円からの家づくり|ローコスト住宅なら熊本のらくらくハウス

イベント情報

地盤調査は運次第?|2021年6月24日

こんにちは🌸らくらくハウスです🐪

今回は、建築予定地の地盤調査に関するお話です✨

お隣さんの土地は
地盤が固くて改良工事はなかったらしい。
僕たちも不要になりそうだね!
キャンペーン中だったから
大幅に値下げしてもらえたし
オプション入れても予算内で収まりそうね♪

しかし、地盤調査の結果は…

えぇ~!!
うちの土地は地盤が弱いの!?
しかも、地盤改良費の見積が約200万!?
完全に予算オーバーじゃない!!
当初の見積りより凄く高いし…どうしてなの!?
オプション外さないと足りないよ…ショック。

キャンペーン中で予算内に収まる予定だったのに

このような事になってはショックですよね…💧

       

                     

【問題】

「地盤調査の問題!!」を防ぐには?

キャンペーンの値引き等もあり当初の見積もりでは予算内に収まり無事に契約。

しかし契約金を支払った後の地盤調査の結果は要改良。

予算が増して予算オーバーに!そのためオプションを外す事や、

ローンの組み直しを迫られたり、最悪の場合は新築をあきらめる

という事も起きています…。あまりにも悲しいですよね。

 

☆地盤調査の目的と注意点☆

「この土地に家を建てて大丈夫なのか?」

「安全に家を建てられるのか?」

を調べるために行います。

(地盤調査は2000年の法改正により、事実上義務化されました。)

 

注意点は

「地盤調査は隣地間で判定結果が異なる事態がある点」

「調査会社によっても異なる点」です。

数mの移動で地盤データが異なる事はよくあり、

同じ分譲地でも盛土量の違いや造成時期などの条件が異なると

結果が違う事があります。

戸建において地盤調査を複数点の調査するのはその為です。

また、地盤改良会社・地盤保証会社により、

工事費用・保証の判断基準が異なるので注意しましょう。

2~3社の合見積もりを取る事をお勧めします。

 

「お隣が地盤改良をしなかったから、自分達もしなくて良いだろう」

と思い込みで計画を立てると、

地盤調査の結果次第では建物にかける費用を削る事になってしまいます。

予め、家だけではなく外構工事や地盤改良費を含めた

全体としての予算を考える事が大切です。

 

地盤調査は契約金の支払後に行われる事が一般的ですが、

契約前に地盤調査をえるかかどうかを

地主さん・売り主さんに確認する事をお勧めします。

 ■解決策■

建築予定地が隣地の調査結果と同じではないと知る

地盤保証会社により判断が異なるため、2~3社で合い見積もりを取る

契約前に地盤の調査が出来るかどうか確認する

予め地盤改良費を含めた資金計画を立てる

 

いかがでしょうか?

少しでもお役に立てれば幸いです😊

それではまた次回✋

 

  • 施工事例
  • 完工事例
  • お客様の声
  • お問合わせはこちら
  • 住宅ローン借入相談
  • らくらくハウスYouTube一覧
  • イベントご予約特典
  • 熊本で平屋の注文住宅なら平屋スタイル工房
  • 狭小住宅なら熊本の楽々狭小住宅
  • 司法書士なら熊本のリーガルシップ
  • アフターサービス
798万円からの家づくり|ローコスト住宅なら熊本のらくらくハウス
予約特典あり!イベント予約